【レビュー】宮城製粉レトルト「チキンの照りっと煮」/業務スーパー


冷蔵 チキンの照りっと煮

素材の旨みたっぷり、甘辛煮込み

骨付き鶏ももを甘辛しょうゆで、風味豊かに仕上げました

宮城製粉のレトルト惣菜シリーズは今までほぼ全部食べていますが、「チキンの照りっと煮」は最近出た商品のようです。
パッケージの写真を見ればお分かりの通り、骨付きの鶏肉です。

スポンサーリンク

「チキンの照りっと煮」の商品詳細

商品名   チキンの照りっと煮
名称
   そうざい
原産国
輸入者
製造者宮城製粉株式会社
販売者
内容量2本
価格(税抜)248円
備考

2019/9/1に購入して賞味期限は2019/11/5ですので、
賞味期限切れまでは約2ヶ月ほどになります。

この商品は冷蔵品です。

「チキンの照りっと煮」の中身

袋を裏返すと、中が見えます。
シンプルに、骨付き鶏肉が二本入っているだけです↓

袋の中身を全部皿に出したところです。
常温だとタレは煮こごりのゼリー状になっているので、鶏肉の上にかけてみました↓

「チキンの照りっと煮」の大きさと重量

皿を手で持ってみます。
大きさはこのくらいになります↓

このシリーズは重量が書かれていないんですよね・・・
できる限りタレを避けて重さを量ってみました。
約337gでした↓

「チキンの照りっと煮」の調理方法と完成品

袋に書かれている「召し上がり方」です。
「湯煎」と「電子レンジ」、二種類の方法が書かれています↓

私は今回、電子レンジ調理にしました。
指示通り(鶏肉2本を)500Wの電子レンジで5分間加熱。
完成品はこちらです↓

「チキンの照りっと煮」を食べた感想

お箸で簡単に切る(?)ことができ、そのまま骨からもスルッとはがれます。
煮物ですから焼いたり揚げる料理ほどのジューシーさは残りませんが、柔らかくて食べやすかったです。
軟骨はふるふるで、とろけるようでした。
皮目もとろとろ。
食感に関しては◎でしたね!

味ですが、パッケージに「甘辛煮込み」と書いてあったので、けっこう濃い目の味付けを想像していましたが・・・、思っていたよりはあっさりめのタレでした。
ただ鶏肉の脂分が染み出ているので、「濃すぎない味付けだけどこってり感がある」という感じで、満足できます。
美味しいと思いました。

ただ、少々苦みを感じたんですよね。
足を引っ張るほどの苦みではないのですが、先日同シリーズの「手羽元と大根の煮物」を食べた時と同じような苦みがちょっとだけ・・・
(「手羽元と大根の煮物」のレビュー記事はこちらから)

鶏肉の重量は2本で約337gですから、1本あたりは約170g
骨も含めた重量ですから肉部分はもっと少なくなりますが、まあまあメインにできますね(二人分として)。
うちは上に貼った完成品の写真に、茹で野菜をたくさん添えて出しました。

まとめ

私も美味しいと思いましたが、珍しくだんなが大絶賛!
宮城製粉のレトルト惣菜シリーズは今まで色々買いましたが、その中で一番喜んだと思います。
なので、リピート決定ですねw

味も柔らかさもボリュームも、全部気に入った様子です。

チキンの照りっと煮は税抜248円で2本入りですから、1本(約170g)は124円になります。
コスパに関していえば、「うわ!安っっ!!」というほどには感じません^^;

でも、いざという時にサッと出せるレトルト惣菜はありがたいですね。
今回うちが食べたタイミングも、夕方急に用事が入ってしまい、「もう夕食の買い物に行ってる時間がないけど、このままじゃおかずが足りないよ><」という時でした。
実はチキンの照りっと煮の存在を忘れていたのですが、慌てて冷蔵庫を漁ったら出てきたわけです^^;

宮城製粉のレトルト惣菜シリーズは、1つは冷蔵庫に入れておくと本当に重宝します。
私はこのシリーズだと「やわらか煮豚」が一番好きなのですが(レビュー記事はこちらから)、だんなは「チキンの照りっと煮」を美味しいと言うので、今度からはこの2種類を主に買うことになりそうです。

宮城製粉は業務スーパーを運営する「神戸物産」のグループ企業で、業務スーパーでの商品の取り扱いが多いです。
宮城製粉製商品のレビューだけまとめた記事も書いていますので、興味のある方はご覧ください↓

宮城製粉(株)のお総菜レビュー特集/業務スーパー
業務スーパーを運営している神戸物産のグループ会社に「ほくと食品(株)」という惣菜のメーカーがありますが、非常に種類が...

コメント

  1. あかつき より:

    うちは父ちゃんがアレなので
    メインディッシュにしにくいのですが(ギリギリ胸肉はOK)
    自分は大好きなのです!
    無性に食べたくなるでも自分の分だけ作るなんて…
    と言う時にあると絶対嬉しい!
    夜食べてまた次の日る食べて幸せになれると思います

    • 風双葉 より:

      胸肉がギリギリということは、皮目の付いてるこれは無理かな^^;
      ほろほろに煮込んだ鶏肉は美味しいのですがそれなりに時間もかかるし、自分のためだけに作るのは嫌ですよね><
      これは量もそんなに多すぎないし、あかつきさんにはお勧めかも!w
      一度試してみて下さい(*´∇`*)

  2. ビー玉 より:

    あっさりしてるなら、これは買いだなぁ・・・この間、業務スーパーで見かけて夫が食いついていけど、甘そうだよって却下したのです(^▽^;)
    苦味は度合いによるけど、一度食べてみます♪
    風双葉が紙面協力した雑誌をkindle本で買いましたよ!!たくさん載っていたではないですか(* ̄∇ ̄*)エヘヘ 参考にして、明日業ス行ってきま〜す。

    • 風双葉 より:

      おぉ、購入してくれたのですね!ありがとうございます(*´∀`*)
      コメント自体は短いですがちょこちょこ登場しています。
      でもやっぱり、ビー玉さんのような載り方に憧れているんですよねーw
      kindle版が出るだろうことは知っていたのですがもう出てたとは!記事を書きなおさないと^^;
      照りっと煮、「甘辛い」というだけあって甘みはありますが、濃い甘辛さで煮つけているわけでもなかったですね。
      多分同時期に出たと思われる同シリーズの「鶏肉と大根の煮物」はかなり苦くて、その時は大根の苦みかとも思ったのですが、あの会社独特の調味料が原因だったのかしら。
      まあ、照りっと煮はそれほど苦みは感じられなかったので、せっかくだんな様も食いついているとのことで、一度買ってみて下さいw