【レビュー】腸活に!kousyo「オリゴ糖」/業務スーパー

ここ数か月間、腸活のためにオリゴ糖を毎日摂取しています。
光商(kousyo)のオリゴ糖は業務スーパーのオリジナルではなくどこでも売られているのですが、私が知っている限りでは業務スーパーで買うのが一番お安いんですよね~

今日は商品そのもののレビューというより、オリゴ糖の基礎知識的なお話になります。
同じオリゴ糖でもなぜこんなにお値段に差があるのか?についても、なんとなく分かっていただけたらと思います。

スポンサーリンク

kousyo「オリゴ糖」の商品詳細

商品名   オリゴ糖
名称
   オリゴ糖類
原産国
輸入者
製造者
販売者株式会社光商+KS
内容量1000g
価格(税抜)298円
備考国内製造

2021/3/30に購入して賞味期限は2023/2/17ですので、
賞味期限切れまでは約2年ほどになります。

シロップタイプの常温品です。

kousyo「オリゴ糖」の大きさ

1kg入りですので、手に持つとこのくらいの大きさに。
中身は蜂蜜状の、透明でトロッとしたシロップです↓

kousyo「オリゴ糖」を食べた感想

オリゴ糖としては良くも悪くも、これといって特徴は感じられませんでした。
飲料に入れると熱くない限り下にトロッと溜まるかもしれませんが、かき混ぜればすぐに溶け、ココアのように下に残ることもありません。

オリゴ糖を口にしたことが無い方向けに書きますが、オリゴ糖というのは全般的に、砂糖よりは甘味が少ないです。
ですから砂糖と同じ量だとカロリーはオリゴ糖の方が低いのですが、砂糖を使った時と同じだけの甘さにしようとするとたくさんの量が必要になるので、当然カロリーも高くなってしまいます。

そもそもオリゴ糖とは?

「糖」には糖の結合している数による分類があります。

・単糖類(果糖、ブドウ糖など)→糖が1つの、単独
オリゴ糖類(ショ糖、乳糖など)→単糖が2~10個結合
・多糖類(でんぷんなど)→単糖がたくさん結合

オリゴ糖は小腸などで消化されにくく大腸まで届き、ビフィズス菌など善玉菌のエサになるため、腸活している人に人気があります。

オリゴ糖にも難消化性・消化性があり、大腸に多く届きやすい順番は難消化性>消化性になります。

オリゴ糖の種類

代表的なオリゴ糖の名称と、消化性の分類です。

【難消化性】
・フラクトオリゴ糖
・ガラクトオリゴ糖
・乳果オリゴ糖
・キシロオリゴ糖
・ラフィノース

【消化性】
・イソマルトオリゴ糖
・大豆オリゴ糖

オリゴ糖に期待される健康効果

・腸内環境を整え、便秘や軟便の解消
・腸内環境が良くなることによる免疫力アップ
・代謝がアップしてダイエットの効果が上がる
・虫歯予防
・消化されずに大腸まで届くため、甘味があるのに血糖値を上げにくい
・血中コレステロール値の改善

※いきなり大量に摂取するとお腹を壊したりお腹が張ることもあるため、最初は少量からお試しください

kousyo「オリゴ糖」はイソマルトオリゴ糖

ということでこの商品は、より多くが大腸まで届く「難消化性」ではなく、「消化性」のオリゴ糖です。
つまり善玉菌のエサになる数は、難消化性のオリゴ糖より劣ると思います。

じゃあ腸活に効果ないの?と思ってしまうかもしれませんが・・・
日本農芸化学会誌の記事によると、
「イソマルトオリゴ糖は小腸で部分的に消化されるものの、残る未消化部分は大腸に到達すると考えられた」
とのこと。

より効果を求めるのなら難消化性糖のフラクトオリゴ糖などが良いと思いますが、イソマルトオリゴ糖にもそれなりの効果があると思います。
ソースはうちの母と妹w
母も業務スーパーでkoushoのオリゴ糖を買っていますが、毎朝の紅茶にこれを入れるようになってからは快便らしいです(*´∀`*)

まとめ

・オリゴ糖は大腸まで届いて善玉菌のエサになるため、腸内環境が整う
・koushoオリゴ糖(イソマルトオリゴ糖)は難消化性ではなく消化性
・エサをたくさん与えたいなら難消化性の方が効果が高い
・イソマルトオリゴ糖より難消化性の方が高価
・イソマルトオリゴ糖でも快便になる人はいる(ネットの口コミでも分かります)

私はイソマルトオリゴ糖では便秘改善とまではいかないので、より効果も値段も高い難消化性のオリゴ糖を使うか迷っています。

ただ、腸内環境が整っているかどうかはお通じの状態だけで全てが分かるものでもないでしょうから、体感できてないだけで効果が出ている可能性が無きにしも非ず?
私は善玉コレステロール値が一応正常範囲内ではあるもののちょっと低めなので、もっと高くなるといいな~と思っているのです。
コレステロール値は、あまり体感できるものではありません。
5月に検査するので、その結果に期待してみます(*´∀`*)

腸活のためのオリゴ糖摂取を考えている方は、まずはこのような安価なオリゴ糖から試してみてもいいかもしれません。
私の母や妹のようにすぐに便秘の改善が見られればラッキーですし、難消化性のオリゴ糖に関してはその後考えてみても遅くないかと。

koushoオリゴ糖は1kgで298円でしたが、難消化性のオリゴ糖はだいたいこのくらいの値段です。

★難消化性フラクトオリゴ糖 2480g 2142円(送料別)

★難消化性ビートオリゴ糖(ラフィノース) 300g×6個 2804円

上のは両方ともシロップタイプですが、オリゴ糖は粉末タイプもありますし、甘味としてではなくサプリメントとして摂る人もいるようです。

私は腸活として、現在発酵食品や食物繊維なども積極的に摂っていますが、続けないと意味がありません。
そのためには摂りやすさや入手のしやすさ、経済的に優しいなどの条件が揃ってないと厳しく、でもこのオリゴ糖は(効きさえすれば)条件を満たすと思うんですよね。

私は毎日、無糖ヨーグルトにかけるか飲料に混ぜて摂っています(*´∀`*)
5月の検査で善玉コレステロールの数値が良くなっていれば、便秘がこのオリゴ糖で改善しなかったとしてもリピし続ける予定。
数値も便秘も何も良くなってなければ、高い難消化性を検討してみます><

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする