【レビュー】ミニロスティ(焼きじゃが)/業務スーパー

冷凍 ミニロスティ(焼きじゃが)

千切りにしたじゃがいもを生地で寄せて焼くことで
カリッとサクサクの食感が楽しめます。
トースターやフライパンで焼いて召し上がりください。

成型されていない、常温品のレトルトロスティは以前購入したことがあります。
でも成型しながら崩さず焼くのがわりと面倒なので、このように成型してあるロスティは楽でいいですよね^^

常温品ロスティのレビュー記事はこちらから↓

【レビュー】ジャガイモ料理の「ロスティ」焼き方のコツ/業務スーパー
ロスティ ドイツで親しまれているロスティを簡単調理でお楽しみいただけます。 じゃがいもの細切りとたまねぎのダイスカッ...

スポンサーリンク

ミニロスティ(焼きじゃが)の商品詳細

商品名   ミニロスティ(焼きじゃが)
名称
   冷凍じゃがいも焼き
原産国中国
輸入者株式会社神戸物産
製造者
販売者
内容量300g(’10枚入り)
価格(税抜)198円
備考

2021/5/24に購入して賞味期限は2022/9/2ですので、
賞味期限切れまでは約1年と3か月ほどになります。
冷凍保存品です。

ミニロスティ(焼きじゃが)の袋の中身と大きさ

袋ごと手に持つと、このような感じです。
なんとなく大きさは伝わりますでしょうか↓

冷凍のまま、全部をお皿に出してみました。
10枚入っています↓

ミニロスティ(焼きじゃが)の調理方法

袋に書いてある「召し上がり方」は、以下になります↓

私はフライパンで焼いて作りました。

弱火で3分ずつだと焼き色があまりつかなかったので、最後にバターを加えたあと、中火で適当な焼き色が付くまで焼いてみました。
私はロスティ+バター風味が大好き♪

ミニロスティ(焼きじゃが)の完成品

塩コショウを振っただけで、5枚焼いてみました↓

アップの写真だとかなり油っこく見えますが・・・
まあ、仕上げにバターをプラスしているのでね^^;

ミニロスティ(焼きじゃが)を食べた感想

表面はカリカリ、中はとろりと、上手く焼きあがったと思います(*´∀`*)

以前常温レトルト品のロスティを焼いたときは、表面がヌガーッと固く噛み切れないような感じに仕上がってしまったのですが、今回はそれに比べるとすごく楽でした!
その常温レトルトロスティのレビュー記事はこちらから↓

【レビュー】ジャガイモ料理の「ロスティ」焼き方のコツ/業務スーパー
ロスティ ドイツで親しまれているロスティを簡単調理でお楽しみいただけます。 じゃがいもの細切りとたまねぎのダイスカッ...

原材料には塩と胡椒も含まれていますが、ほぼ味はしませんでしたね。
だから自分で塩コショウを振るなり、ケチャップ・マスタード・ソースなどをかけるなり、なにかしらの調味をした方が良いと思います。
袋には仕上がりにチーズを乗せる、なんて方法も書いてありました。
美味しそう♪

ミニロスティ(焼きじゃが)とハッシュドポテトの違い

ロスティというのは作り方にもよりますが、このロスティはハッシュドポテトと同じような感覚で食べられると思います。

多分ですが・・・市販のハッシュドポテトよりこのロスティの方が、ジャガイモが細かくカットされているかも?
そのせいかどうか分からないけれど、表面のカリカリさは似たようなものですが、中のトロッとした感じはロスティの方がより強く感じられます。
その分、カットしたジャガイモの食感は少なめです。

まあ、それぞれに美味しいことには変わりないですねw

私も多くのロスティとハッシュドポテトを食べ比べてきたわけではないですが、スーパーでよく売られている市販の冷蔵or冷凍ハッシュドポテトより、ミニロスティの方がちょっと薄めでした。

ロスティとハッシュドポテトの違いについて。
調べても正確な定義は分からなかったけれど、とりあえずロスティはスイスの家庭料理、ハッシュドポテトはアメリカ料理のようですね。
じゃがいものガレットも、似たような料理です。

まとめ

先ほどから引き合いに出している「常温レトルトロスティ」とどうしても比較してしまいますが・・・

元々自分で生のジャガイモを切ってロスティを作っていましたから、初めてレトルトロスティを作った時は、なんて楽なんだ!と思いました。
とはいっても切る手間こそ省けたものの、形を整えながら崩れないように焼くのはけっこう大変で。

でも今回の冷凍ミニロスティは焼くのも簡単すぎる!
成型する必要もないし、崩れることもない
小さいサイズだからひっくり返すのも簡単。
崩れないというのは、ロスティ作りにとっては大きなことです。

このミニロスティの出現によって、自作以外のロスティはもうこれ一択でいいや!と思いましたw

ジャガイモの千切りから作るロスティはやはり生ジャガイモを調理してすぐ食べることになりますから、冷凍品とは違った美味しさがあります。
ですから比較してもお互いにメリットデメリットがあり、優劣はつけがたいです。

でも常温レトルトロスティとこの成型冷凍ロスティの比較だと、常温レトルトロスティの方が優れている部分、私には思いつかないんですよね^^;
しいていえば常温品の方が冷凍庫を圧迫しないことですが・・・
うちには冷凍専用のフリーザーがあるため、そこはあまり関係ないしw

2年前の古いものですが、三菱冷凍庫(MF-U12D)のレビュー記事です↓

【レビュー】冷凍食品を大量に買える!フリーザー/三菱MF-U12D
こんにちは。 今年の梅雨は長く涼しかったですが、先週あたりからいきなり暑くなり、今週もずっと猛暑のようですね。 みなさま、くれぐれも熱中...

常温レトルトロスティのレビュー記事です↓

【レビュー】ジャガイモ料理の「ロスティ」焼き方のコツ/業務スーパー
ロスティ ドイツで親しまれているロスティを簡単調理でお楽しみいただけます。 じゃがいもの細切りとたまねぎのダイスカッ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする