【レビュー】まぐろカクテルパテ3個アソート/業務スーパー

缶詰 まぐろカクテルパテ3個アソート

バゲットやクラッカーにぬって
ワインといっしょに!

初めて見かけた商品なので買ってみました。
フレーバーが色々あって、面白そうですよね^^

スポンサーリンク

まぐろカクテルパテ3個アソートの商品詳細

商品名   まぐろカクテルパテ3個アソート
名称
   まぐろのパテ
原産国タイ
輸入者株式会社神戸物産
製造者
販売者
内容量210g(70g×3缶)
価格(税抜)328g
備考

2021/6/28に購入して賞味期限は2024/04/14ですので、
賞味期限切れまでは約2年と10ヶ月ほどになります。

まぐろカクテルパテ3個アソートの外観

箱に各フレーバーについても書いてあったので、外観の写真をアップで撮りました↓

まぐろカクテルパテ3個アソートの中身と大きさ

缶詰の蓋をあけると、中身がパンパンに詰まっています。
「ツナマヨネーズ」の形状を考えてもらえればいいかと。
こちらはチーズ&レモンの中身です↓

各種、スプーンに乗せてみました。

チーズ&レモン
赤丸の中にあるのはチーズで、これがコロコロといくつか入っています↓

ローストアーモンド&ブラックペッパー
砕かれたアーモンドはあまり目視できませんが、ブラックペッパーはけっこう見えます。
缶詰ごと撮った写真の方が、粒々感わかりやすいかも?↓

ローズマリー&ケイパー
ほとんどのケイパーは崩れていますが、たまにこんなに大きな粒も↓

缶詰を手のひらに乗せてみます。
このくらいの大きさです↓

まぐろカクテルパテ3個アソートを食べた感想

ガーリックラスクに乗せて食べてみました。
左からチーズ&レモン、ローストアーモンド&ブラックペッパー、ローズマリー&ケイパーです↓

どれにも共通していえるのは、「基本的にツナマヨ系」ということでしょうかw
マヨネーズ味ではないので酸味はありませんし原材料に「マヨネーズ」という記載もありませんが、
調味料(大豆油、砂糖、食塩、全粉乳、卵黄粉末)
というのがマヨネーズ的な、全体をまとめる役割をしてるのかな?なんて思ったり。
それ以外に糊料も使われています。

普通のツナの缶詰よりはパサパサ感(?)がなく、「パテ」というだけあってねっとり滑らかになっています。

●チーズ&レモン
酸っぱすぎない酸味があり、レモン風味が爽やかです。
チーズのコロコロは一口食べればその中で2~3粒分感じるのですが、チーズ味自体はあまり感じませんでした。

●ローストアーモンド&ブラックペッパー
かなり細かく砕いたアーモンドが混ざっているのは感じますが、アーモンドの香ばしい独特の風味はそれほどでも・・・^^;
黒コショウは噛めばピリッとします。
黒コショウ部分だけではなく、全体的に辛みがあります。

●ローズマリー&ケイパー
細かく刻んだケイパーと思われる小さなコロコロを感じます。
あまり細かな舌触りなど考えず食べた場合、「ハーブ風味のツナマヨ」といった感じ。
香りは強すぎないので、ハーブ風味といえども苦手な人は少なさそうです。

まぐろカクテルパテ3個アソートのアレンジ方法

ツナ缶、ツナマヨネーズと考えれば、色々なアレンジ方法も思い浮かぶと思います。

・サラダ
・サンドイッチ
・パスタ
・おにぎり
・グラタン、ドリア
などなど

で、自分も何種類か作ってみたのですが、これは普通のツナ缶ではなくそれぞれに独特の材料も混ぜた商品。
なのでせっかくの独特さを楽しもうとすると、やはりクラッカーに乗せるなどしてパテをメインとした食べ方が一番ベストなんじゃないかな?と思いました。

元々そこまで風味が強調されていないため、例えば写真のサラダにしても、せっかくのパテの風味が薄くなります。
美味しいことには変わりないのですが、そういう使い方をするなら普通のツナ缶にマヨネーズ混ぜればいいじゃん?的なw

まとめ

結局どれを一番気に入ったかというと・・・
チーズ&レモンの爽やかさもよかったし、ローストアーモンド&ブラックペッパーの刺激もよかったし。
この2つは甲乙つけがたいです。

ローズマリー&ケイパーも美味しかったですが、まあ普通にハーブ風味と考えると、ほかの2つと比べた時にそこまで特徴が無いような気がして。

だんなはブラックペッパーのが一番気に入ったようですw

70gが3缶で税抜き328円。
1缶あたりの値段は約110円。

内容量は他のツナ缶などと比べて決して多いわけではなくむしろ少なく感じる人もいるでしょうが、この商品は油漬けや水煮缶ではありません。
缶詰の中身をすべて固形物として食べることができます(固形物に含まれる水分は別の話として)。
油漬けや水煮の油分や水分を捨てた時の固形量で比べれば、ごく一般的な重量だと思います。
だから値段的に高いとも思えず、いつもとは違う風味のツナマヨを食べられるならコスパ良く感じますね。

タイカレーやバターチキンカレーなどの缶詰も時々買いますが、それと同じくらいの頻度でこの商品も今後買いたいと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする