【レビュー】ヘーゼルナッツココア&ホワイトスプレッド/業務スーパー

ヘーゼルナッツココア&ホワイトスプレッド

ヘーゼルナッツの風味豊かなココアスプレッドとミルクスプレッドの2つの味が
同時に楽しめます。
パンに塗ったり、お菓子作りの材料としても!

以前からこのマーブル模様が気になっていた商品、とうとう買ってみました。
ヘーゼルナッツのチョコレートが好きだし、この模様はついつい買いたくなっちゃうでしょ♪

スポンサーリンク

ヘーゼルナッツココア&ホワイトスプレッドの商品詳細

商品名   ヘーゼルナッツココア&ホワイトスプレッド
名称
   スプレッド
原産国スペイン
輸入者株式会社神戸物産
製造者
販売者
内容量350g
価格278円
備考

原材料名などのラベルが瓶に貼りつけてあるためグルッと曲がってしまうので、全体を撮るのが困難です><
まずはラベルの左側、その下に右側の画像を載せるので、なんとか読み取ってください^^;

左側

右側

成分表示

2018/9/3に購入して賞味期限は2019/7/20なので
賞味期限切れまでは約11ヶ月間になります。

開封後、冷蔵保存必須ではないのですが、直射日光と高温多湿を避け、涼しい場所(適温18度)で保存し、お早めにお召し上がりくださいとのことです。

蓋をあけてみます

蓋上部に、賞味期限が書いてあります↓

クルッと回すと、銀色のシートで密封されています↓

シートは端が少々剥がしにくかったのですが、中は瓶の底から見る模様と、また少し違った感じの模様になっています!
なんかギザギザ風w↓

パンに塗ったけどちょっと硬め

ティースプーンをスプレッドに突っ込みます・・・が、ちょっと硬め。
冷蔵庫から出したばかりのバターみたいな↓

それでも無理やり、ティースプーン一杯分をすくってみます。
「すくう」というより「切り出す」という感じかな^^;
ひび割れていて、滑らかな状態ではないのが伝わりますでしょうか↓

焼いていないパンに塗ってみます。
予想通り、上手く塗れません。パンが削れますw↓

それでも無理やり・・・、全体に伸ばしてみます。
白と茶色はすっかりは混ざらず、色にムラがありますね↓

瓶のラベル、「写真はイメージです」と書いてありますが、本当にイメージ以外の何ものでもありませんでした!↓

さて、気を取り直して、パンをトーストしてみます。
さすがに温かいパンの上ではそこそこ溶けてくれて、こんな風に塗れました。
なんかいま改めて見たら、ずいぶん雑な塗り方でしたが^^;
一応、白と茶色は混ざっているのです↓

柔らかい部分と硬い部分に分かれました

開封後の保存は18度が適温とのことですが、この時うちの室温は23度。
トーストに使った後、しばらく放置してみました。
そしたら、なんか不思議な現象・・・

スプーンを突っ込んだエリアはとろとろと柔らかくなっていて「チョコレートクリーム」に、突っ込まなかったエリアは相変わらずかっちり硬い「板チョコ」のような状態。

そしてさらにちょっと探ってみたら、硬いエリアも上から1センチほどの深さまでがカチカチで、その下はもう全体的にとろとろになっていました。

右の緑色がスプーンを入れた部分で、右の黄色が、まだ触ってない部分。
触ってない部分も、上の1センチくらいの層が固いだけで、下は柔らかい。
氷が張ってる、わかさぎ釣りをする湖みたい↓

とりあえず、今後は室内に置いておけば柔らかく塗れそうです。
もう確かめようがないのですが、カチカチなのは上から1~2センチまでのことで、最初から下はクリーム状だったのかもしれません(?)

ヘーゼルナッツココア&ホワイトスプレッドを食べた感想

なにはともあれ、甘すぎる!!!

というのが、最初の感想です^^;
私は、甘いお菓子も大好きなので、甘いのが苦手な人間の感想ではありません。

よく「外国のお菓子は甘すぎるよね」「やっぱり日本のチョコレートが一番美味しいよね」という話を聞いたり、また、自分自身がそう思うこともあります。
で、このスプレッドはまさにそういう会話の時、日本製チョコレートと比較対象にされる「外国の甘すぎるチョコレート」の甘さ!

甘さがキンキンしています。

ヘーゼルナッツは香るんですけれどね・・・、これは好きな香りですが・・・。
茶色いココア味の部分と白いミルク味の部分の違いを確かめようと、それぞれその部分だけを食べ比べたりもしましたが、なんかもう、味の違いもよく分からないくらい甘くてw

焼いていない食パンだと特に甘みを感じました。
トーストすると、なぜか多少甘みが緩和。
なんでだろう・・・、甘みというのは、温度が高い方が感じやすいはずなんですけれどね。
でもまあ、どっちみち甘いのでそんな話はどうでもいいかも^^;

甘いのは分かったけど、結局のところ美味しいの?不味いの?

という質問に対しては、「甘すぎてよく分かりません」と答えておきます・・・
べつに味が不味いわけではないと思うのですが><

なんとか消費方法を考えてみる

ヘーゼルナッツココア&ホワイトスプレッドをパンにつけて食べるのは、これ以上私には無理のようです。
でももったいないから何かに使えないかと考え、あ、ホットココアは?と思い付きました。

さっそくお湯を沸かし、大さじ一杯のスプレッドをマグカップに入れ、200ccほどのお湯を注いでみます。
ちょっと色の薄いココアが出来上がりました。
そして飲んでみて・・・

や、やっぱり、甘すぎ!!!

濃くないのに甘い^^;

そしてさらにひらめき、目の前にあるインスタントコーヒーを少し入れてみたら・・・
!!!!!
これが一番美味しかったです。

普段ノンシュガー派の人には無理でしょうが、ファミレスのドリンクバーにあるホットココア(加糖)よりは甘さを引きずらず、それなりに苦みもあっていいかもしれない。
色も濃くなって、見た目が変わるだけでも美味しそうになるし。
コーヒーと相性がいいのか、ココア味にも深みが感じられるようになりました。

ということで、私の考えたヘーゼルナッツココア&ホワイトスプレッドの使い道で一番良かったのは、カフェモカに決定しましたヾ(*´∀`*)ノ

(追記)
スプレッドとコーヒーを少量のお湯で溶き、氷とミルクを入れてみました。
アイスカフェモカです。
でも、お湯でけっこう練ったつもりなのにミルクを注ぐと上に分離した粒々と脂っぽい何かが浮かんできたので、見栄えはすごく悪かったです。
だんなにだけ飲ませたのですが、「何かと何かが混ざり合ってない感じ」とのことでした。
ですので、アイスカフェモカはお勧めしません(´・ω・)

まとめ

そういうわけで、(ホットの)カフェモカとしてだんなに飲んでもらい、だんなが気に入るようならまた買ってもいいかな?というところまでたどり着きました。
でもパンに塗ることは二度とないでしょう^^;

お菓子作りをする人は、クッキーなどに混ぜてもいいかもしれないですね。

他の使い道として、インテリアとかどうでしょうw
マーブル模様が可愛いので。
スペイン製のラベルもいいな~と思ったけれど、日本語で「ヘーゼルナッツココア&ホワイトスプレッド」と書かれてしまってるので、そこはインテリアとしてはマイナスポイントw
インスタ映えはするかもしれません(?)

いつもレビュー記事を書く前は、ネットで他の方の評価などは見ないようにしています。
固定観念ができてしまうと、それに左右されてしまうかもしれないから。
そんな理由で、書き終わった後にこのスプレッドの評判を見たものですから最後の最後にこんなことを書くのもなんですけれど、美味しいと言っている人も多数いました。

ですから私の「甘すぎ!」連呼は気にせず、いざとなったらカフェモカで消費するつもりで、一度買ってみてもいいかもしれないですね。

ちなみに、今まで業務スーパーで買った商品の中で私が「甘すぎ!」と思ったのはこちらの2点になります↓

【レビュー】「ふんわりケーキ(ティラミス)」のお味は?/業務スーパー
ふんわりケーキ(ティラミス) ふんわりコーヒーケーキ&チーズクリーム ★なめらかなチーズクリームを コーヒ...
【レビュー】スペイン産のチョコレートパイ/業務スーパー
先日ご紹介させていただいたスペイン産の「パルメラパイ」と同じメーカーが出している「チョコレートパイ」です。 パルメラパイの...

甘さに対して私と同じように感じた人は今回のスプレッドも甘すぎに感じる可能性が高いですし、「え、普通の甘さだったけど?」と思った人にとってはそこまで甘い商品でもないのかもしれません。

コメント

  1. あかつき より:

    インテリア!というのが受けました。
    斬新~
    ナッツ系は香ばしくて大好きです
    これから寒くなるので暖かいカフエモカはおいしいですよね
    カロリーさえ目をつぶれば(´;ω;`)ウゥゥ

    • 風双葉 より:

      なにを隠そう、自分自身が見栄えに魅かれてインテリア的な感覚で買ってしまったものでw
      このスプレッド、ヘーゼルナッツの香りはそこそこしたと思うのです。
      でもなにしろ甘さが強すぎて、その香りを楽しむ余裕はありませんでしたが><
      アイスカフェモカは分離するし脂っぽい感じでイマイチでしたが、ホットカフェモカだけはイケました!
      そうか・・・、カロリーのことはケロッと忘れてましたよw でも今夜も飲もうっと( *´艸`)

  2. pope より:

    外国産食品あるあるですね。甘いお菓子類は大抵予想を裏切るぐらい甘すぎ!というのが多いですから、小生は最初から用心しますけど・・・で、食べてみるとやっぱり!となるので。中には頭が痛くなるほど甘いのがありますよ笑でもなぜか嫌いになれないのは、あの独特の風味ですよね?日本製にはない香りというか匂い、そしてパッケージも含めて心惹かれるところがあります。

    • 風双葉 より:

      頭が痛くなるほど甘いって、なんか分かる!w
      糖分(砂糖とか)の種類が何か違うのでしょうか?ただ単に砂糖が多いだけ、とは思えないんですよね・・・
      それとも糖分はあまり変わらないけど、日本製はそれをごまかす何かが入ってるとか?w
      東南アジア系も激甘お菓子が多かったりするのかな、なんとなく南の方は甘いイメージがある(沖縄とか砂糖たくさん使いそうだし、実際鹿児島の義母がすごい砂糖使うしw)
      わたし、タイやフィリピンによく行ってた頃は現地でプリングルスばかり食べてて、あまり甘いお菓子食べていないんです。
      外国製品のパッケージは大好き!食品に限らないですけど、魅力的ですよね~

  3. みーな より:

    おもしろい!(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾
    レビュー、めちゃめちゃおもろかったです
    (´。✪ω✪。`)

    んで、マーブル、私も買いたくなる♡

    だけど、カチカチに驚きました
    Σ(*゚д゚*)

    そして、甘すぎる!笑笑
    外国の甘さは、私も苦手( ˘・з・)
    甘すぎると、マズくなります笑笑

    • 風双葉 より:

      これ、見かけでついつい買いたくなっちゃいますよねw
      うちは甘い系のクリームなどをパンに塗る習慣はあまりないのでしばらく躊躇していましたが、とうとう買っちゃいました!
      私も最初はカチカチで驚いたけど、もしかしたら上の方だけ1~2センチのカチカチで蓋をしてある感じなのかな?と思ったり。
      一度カチカチを砕いた部分はその後ずっと、普通にクリーム状ですからね~
      外国製でも美味しいと思うお菓子はあるんだけど、キンキンに甘い率、高いw
      記事の一番最後に「過去に甘すぎと思ったお菓子」を載せたけど、「糞まずい」と書いたお菓子も混ざってますw