【レビュー】セイロン紅茶(アールグレイ)ティーバッグ/業務スーパー

セイロン紅茶(アールグレイ)ティーバッグ

紅茶の本場スリランカのセイロン紅茶に、
香り高いベルガモット(柑橘系)の爽やかな香りをブレンドした
味わい深いアールグレイ紅茶です

「紅茶好き」と言えるほどでもないのですが、アールグレイティーが好きな私です。
茶葉は面倒なのでティーバッグばかり買ってしまうんですけれどね。
業務スーパーのアールグレイティは値段も安く、リピートしている商品のひとつです。

スポンサーリンク

アールグレイティーの商品詳細

商品名   セイロン紅茶(アールグレイ)
名称
   紅茶(ティーバッグ)
原産国スリランカ
輸入者株式会社神戸物産
製造者
販売者
内容量100g(2g×25袋)
価格275円
備考

2018/8/9に購入して賞味期限は2021/1/24なので、賞味期限切れまでは約2年半になります。

アールグレイティーの箱の中

箱をあけると、銀色の包みが二つきっちり入っています。
二つに分かれているのは嬉しいです。
ティーバッグがそのまま入っているより、しっかり保存できそうですよね。
箱をあけた途端、アールグレイの強い香りがぶわっと襲ってきます↓

銀色の包みを取り出してみます。
1つの包みに25個のティーバッグが入っています↓

銀色の包みは、一応手でもあけられます。(ハサミの方が綺麗ですが)
ティーバッグを取り出してみました。
大きさは極々普通です(他メーカー品もだいたい1袋2g前後)↓

さらにティーバッグの中を取り出します。
大きさや形状は、なんの変哲もありませんw↓

アールグレイティーの美味しい入れ方

箱に「おいしい入れ方」が書いてあります↓

いつもパッケージに書いてある調理方法は無視してしまいがちですが、アールグレイティは珍しく言う通りにやってみました( *´艸`)

お湯を沸かし、ティーカップに注いでじゅうぶん温め・・・
お湯を捨てたらまたお湯を注ぎ、「カップのふちから滑らせるように」ティーバッグを入れる。(ドボッと入れるのと何が違うのでしょうか)
そして、蓋をして2分間蒸らすとのことです。
アルミホイルで蓋をしてみます。
時間はタイマーできっちり計測しました。

2分後、出来上がりました♪
写真を撮ったりしてもたつき、30秒くらい長くなったかもしれません・・・

セイロン紅茶(アールグレイ)を飲んだ感想

アールグレイは苦手な人もいると思いますが、アールグレイ好きの視点で語らせていただきます。

【香り】
強すぎず、弱すぎず、です。
「じゃあ普通ということ?特徴はないの?」と受け取られるかもしれませんが、「強くも弱くもない」というのが特徴かな?と思います。
アールグレイの香りが強いのが好きな人もいれば、弱い方が好きな人もいて。
その中間くらいが好きな人もいると思うのです。
個人的には強い⇔普通くらいが好きなので、この紅茶は満足できます。

【味と渋み】
味と渋みはどう表現したらいいか分からないというか、これも「良い意味で普通」ですw
紅茶らしい渋みはありましたが、うわっ渋い><というわけじゃありませんし。

【総評】
ベルガモットの風味もそれなりにあり、素人の私が一口飲んだだけで「この紅茶は○○製品だ!」とハッキリ分かるほどの特徴もなく、一般受けしそうな紅茶だと思います。(そもそもアールグレイ自体が一般受けじゃないのかもしれませんがw)

アールグレイの好みにうるさい人にはちょっと物足りないかもしれません。
まあ嗜好品ですので各々飲んだ感想は違うと思いますが、私のようにごく普通の「アールグレイ好き」の人は、これを買って失敗だと感じることもないんじゃないかな?と思います。

スリランカティーボード認定マーク

この紅茶には、スリランカティーボード(政府紅茶局)の認定マークがついています↓

スリランカには政府が管轄する紅茶局があるのです。
100%スリランカ産であり、100%国内でパッキングされた紅茶だけに、このマークをつけることが許されます。

スリランカの紅茶は、ライオンマークがついている商品だけを輸入します!とアピールする紅茶輸入業者もいるほど信頼性がありますので、良質なセイロン紅茶を入手するための目安にしてみてください。

SEYLON TEA SRILANKA

※(日本語翻訳版)

アールグレイティーはアイスやミルクとの相性◎

一般的にお茶というのは熱い方が香りが強く、冷えるとおとなしめになります。
ですから香りを楽しみたい時は、できればホットの方がいいんですよね。

でもアールグレイというのはベルガモットなどの柑橘類が精油や香料として香りづけされているため、冷えても香りが分かりやすいのです。
ミルクを加えても、香りが負けません。

ティーバッグ?ティーパック???

これ、ごっちゃになっている人も多いのではないでしょうか?
正しくは「ティーバッグ」なのですが、「ティーパック」で検索してもかなりの件数が出てきますw

「ティーパック」というのは分からなくもないです、パックですもんね。
でもくれぐれも、「ティーバック」とは間違えないようにしてください、特に男性の方!
「ティーバック」は、下着ですからね><

覚え方としては、「ティーバッグ」の由来は、バッグの形に似てるからということを覚えておくことでしょうか。
英語表記では「tea bag」です。
でも
全然bagの形には見えないので、ずっと先まで覚えていられるかどうか不安。

という方は、こちらの記事を読んでみたらいかがでしょうか。
とても面白い記事だと思いました。
これなら視覚的に覚えていられるかもしれません↓

ティーバッグかティーバックかティーパックか憶えられない - デイリーポータルZ
紅茶のティーバッグ、あれってバッグかパックかいつも迷う。はっきりさせようじゃないか。 (尾張由晃)

まとめ

業務スーパーのセイロン紅茶(アールグレイ)は良くも悪くも大きな特徴がなく、だからといって香りが薄いわけでもなく、飲みやすく満足できるアールグレイティーです。

業務スーパーの商品は大容量が多く、これも例に漏れず50包入りなので頻繁に飲まない方にとってみれば大容量ですが、未開封時の賞味期限は二年半、銀色のシートに入った紅茶は25包ずつなので、保管しやすいところがいいですね。

お値段も他のメーカー品に比べるとかなりお安いと思いますので、こだわりが強くないアールグレイ好きの友人などには、お勧めしたい一品です。

コメント

  1. ビー玉 より:

    そういえばtaka :aさんがティバッグのことをティーバックって言って一人で照れてましたわ(≧∇≦)ハハハ・・ 私もアールグレイ好き!!昔はアイス紅茶専用だと思っていたけど、ある日突然ホッとに目覚めました(๑•̀.•́ฅ✧ これ買おう・・・涼しくなったら毎日飲むし(((uдu*)ゥンゥン

    • 風双葉 より:

      ティーパックならいいんですけど、takaさんはTバックか^^; 男でそれは、セクハラで訴えられちゃうよーw
      アールグレイはアイスでもミルクティでも香りが残るから好き♪
      あの香り自体も好きですけどね。
      こだわりの強い人にはあまりお勧めできないけど、普通にアールグレイならいい!と言う人には、商品も信頼がおけるし安いし、お勧めです。
      これから温かい飲み物が美味しくなる季節ですね!

  2. pope より:

    アールグレイ好きですね。夏になると好んで飲んでました。最近は・・・・
    昔、喫茶店のマスターに教わったアイスティーの入れ方で飲むと、アイスでも紅茶の香りや味が楽しめまして、よく作ってました(過去形ww)茶葉を使うのですがね。ティーバックもといティーバッグでも同じやり方で・・・あっ!無理かも・・・でもホットだけで飲むならティーバッグで十分ですね。

    • 風双葉 より:

      最近は・・・・ どうしたんだろう?w
      喫茶店のマスターに教わった入れ方が気になる!!
      今度ブログで紹介してくれてもいいですよ?( *´艸`)
      私は比較的どんな飲食物でも香りが残ってる方が好きなタイプなので、どうしてもアイスティーやアイスミルクティーにすると紅茶の香りが薄くなるのが気になるんですよね。
      茶葉が面倒だのなんだの言ってますが、よく考えてみたら麦茶も薫り高いのが好きで、粒々を煮出して作ってましたね。今はペットボトルだけど^^;

  3. みーな より:

    ティーパックとて言ってますΣ(*゚д゚*)

    そして、ティーバックと読みました笑
    よく見たら、ティーバッグでした
    (。-∀-)ニヒ♪

    私もメンドイんで、茶葉ではなく、ティーパック派です(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु⁾⁾
    洗いもんが、めんどいのが、イヤです
    ( ˘・з・)

    • 風双葉 より:

      ティーバックで検索するとさすがにまずは下着の話がズラッと並びますが、ティーパックはかなり多くの人が使ってるので、もうどっちでもいいじゃんという感じですねw
      でも英語由来なので、やはりあちらがteabagと書くからには、どうしても正解は「バッグ」になるのだけど・・・
      こだわりが強くなければ、ティーバッグでもじゅうぶん美味しく飲めますもんね
      茶葉だと途中から面倒になって飲まなくなり、結局捨てるハメにw